新型保険証リーダー

新型保険証リーダー

テスト内容
429枚で検証

有効期限の末日が2018年以降である全国の保険証画像から無作為に抽出し、以下のような特殊な表記をしたものを除外した429枚を用いました。
また、保険種類別の内訳は表のとおりです。

特殊な表記の例)

国民健康保険 160 枚
組合保険 117 枚
後期高齢者医療 55 枚
健康保険協会 47 枚
共済組合 24 枚
国民健康保険組合 23 枚
退職者保険 1 枚
自衛官 1 枚
船員保険 1 枚

※許容誤差:±5%,信頼レベル:95%,母集団:1億2670万(=日本の人口)として、必要サンプル数を算出した400枚以上を保険証リーダー開発作業に携わらない担当者が無作為に抽出してテスト。

判定基準
算出方法

正しく読み取った文字数
─────────────
券面記載文字数

券面に記載された文字のうち、保険請求に必要な項目の文字総数を「券面記載文字数」としました。
また、読み間違えた場合を「誤字」、抜けた場合を「脱字」としてそれぞれカウントし「正しく読み取った文字数」を算出しました。


ページのトップへ戻る