Corporate profile

前身から約40年

1991年3月の設立。前身時代を含め、接骨院用保険請求ソフト開発販売に約40年の歴史がある医療系事務ソフトウェア開発・販売企業です。

事業内容

OCR・画像処理関連SI事業


施術院向けシステムソフトウェアの開発/販売/サポート事業

東京本社 | ルーシスビル9階

概要
商号 東和ハイテック株式会社
代表取締役 武藤 康正 (むとう やすまさ)
取締役 印藤 誠 (いんとう まこと)
創立 1991年3月
資本金 10,000,000円
売上高 3億8541万円(~2019年2月度実績)
従業員数 17名(2019年10月現在)
事業所

東京都港区東新橋2丁目16番1号
ルーシスビル9階
社長オフィス、ソリューション営業、開発、経理、レセコン営業、サポート

名古屋市中村区名駅5丁目30番4号
名駅KDビル7階
経理、レセコン営業、サポート

京都市下京区烏丸通五条下ル大坂町400
三善ビル8階
レセコン営業、サポート

長野市栗田1009番地2
センターウィング505
レセコン営業、サポート

沿革
1982

・東和レジスター販売株式会社
コンピュータ事業部
名古屋市中区千代田

・ブックキーボード用接骨院レセプトシステムを開発
PCはTOWA SANPUTER SDX
(アルプス電気OEMの8bit機、DOSはCP/M80)
その後支援を受けながら事業を分離独立(独自資本)

1985 日立製作所B16用接骨院レセプトシステムを開発(MS-DOS)
入力装置として関東電子製コードセレクターK-520を使用
1991.03 東和ハイテック株式会社設立
名古屋市中区千代田
1993.03 京都営業所開設
京都市北区衣笠
1993.11 DOS/V版接骨院レセプトシステム開発
主力PCは日立製作所製FLORAシリーズ
マイクロタッチ社製タッチパネル
(静電容量型/超音波型)を用いたキーボードエミュレータを自社開発
1996.07 名古屋本社移転
名古屋市千種区吹上
2003.12 Windows版接骨院業務支援システム『H-One』を開発
主力PCは日立製作所製Priusシリーズ
2004.09 東京営業所開設
東京都千代田区三崎町
2005.01 保険証OCRを開発
H-One用オプションとして販売開始
2005.11 東京支社昇格移転
東京都千代田区神田須田町
2006.01 保険証リーダーを開発
2009.05 武藤康正専務が
社長に就任
2010.02 長野営業所開設
長野市栗田
2010.09 京都営業所移転
京都市下京区五条烏丸
2012.03 東京支社を東京都新宿区
新宿センタービルに移転 本社昇格
2013.10 保険証リーダーが
GOOD DESIGN AWARD 2013 受賞
2014.04 長野営業所移転
長野市栗田
2014.12 名古屋本店移転
名古屋市中村区名駅
2019.12 東京本社移転
東京都港区東新橋